メニュー

クリニック開業のきっかけ

[2024.07.01]

こんにちは、ホームケアクリニック麻生の井尻学見です。

今回は、当院を開業したきっかけをお話します。

 

コロナ禍が自分自身を見つめ直すきっかけに

私は、2018年頃からアメリカに留学していました。新型コロナウイルス感染症が蔓延する2020年はじめ、クルーズ船ダイヤモンドプリンセス号のニュースをアメリカで見ていました。その数か月後、ニューヨークで感染爆発したのです。その影響はすぐに私のいるカリフォルニアにも広がりました。職場が閉鎖され、1ヵ月半ほど仕事がなく、家にこもっていたとき、自分の最期について見つめ直していたのです。

 

地球が滅亡するとき、あなたは何をしたい?

このような究極の質問をよく聞きますよね。より現実味を帯びた質問に置き換えると、「あなたは死を間近に見たとき、どう過ごしたいですか」になります。

私は自分を見つめ直す中で、老いや病気によって、できることが少なくなっていくとき、どう過ごしていきたいか、病院で残り少ない人生を過ごしたいのかを考えました。出てきた答えは、「住み慣れたところでやりたいことをして生活したい」という思いでした。

 

ちょうど日本では、在宅医療が普及してきている時期。「好きなように人生を終えられるため、医師としてサポートできることをしたい」と強く思い、訪問診療クリニックの開業を決意しました。

 

「クリニックの目指すところ」「在宅医療の魅力」「将来の夢」について、今後記事を順々にアップしていきます。ホームケアクリニック麻生の井尻学見でした。

 

ホームケアクリニック麻生では、一緒に働く方を募集しています。患者さん一人ひとりがその人らしい人生を選択できるよう、寄り添う方々も患者さんと共に生きられるような、そんな未来を一緒に作っていきませんか。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME